所有している財産を失う代わりに、債務を帳消しにできるのが自己破産です。

キャッシングの審査に通らない、無職の場合はどうしたらいいの?という方の為の情報サイトです。

キャッシング 審査で比較

キャッシング 審査で比較 > 多重債務の場合の対処法 >自己破産

自己破産とは

裁判所から破産の決定を受けると、一般的な生活のために必要なものを除く財産をすべて失う代わりに、全ての借金が帳消しになります。簡単にいうと、自己破産とは、借金がゼロになる手続きなのです。

自己破産の手続きをした後に、新しく収入を得たり、財産を築いた場合、それは本人が自由に使うことができます。つまり、自己破産とは、「今までいろいろあったけれども、一回リセットしてもう一度新しい人生を歩んでいきましょう」という制度なのです。

一般的にはには自己破産はどうしても暗いイメージをもたれがちです。もちろん、借りたお金を返せなかったわけですし、軽い気持ちで自己破産をすることは絶対にしてはいけません。しかし、借金を返済するために様々な努力をし、それでもどうしても返すことができず、そのための夜も眠れない生活を送る人も数多くいるのです。そしてそのような、厳しい日々を送る人たちを救済するための制度が「自己破産」なのです。

自己破産は、借金をゼロにする手続きですが、大切なことは借金をなくすことではなく、借金がなくなった後にしっかりと新しい人生を送ることができるかどうかなのです。

自己破産を申し立てるには

自己破産をするためには、借金をどうしても返済できない状態である、と裁判所が判断する必要があります。申立人の債務の総額や収入、財産などを考慮した上で、裁判所が返済不能と判断した場合のみ、自己破産になるわけです。

一般的に収入と負債額の関係で、支払不能と認定されるかされないかが決まってきます。負債額が100万円以下であっても、自己破産が認められる可能性がありますが、一般的には、負債総額が(収入−住宅費)÷3×36よりも大きければ支払い不能と認定される基準といわれています。つまり、収入から住宅費を引いた金額の3分の1程度は返済に充てることができ、それを3年続ければ返済できる、という基準です。

自己破産のメリット

自己破産のメリットは、第一に、「支払い義務が無くなる」ことです。自己破産を申し立て、免責が確定すると、借金がなくなります。それにより、新しい生活、新しい人生を送ることができ、借金のことで毎日悩む必要もなくなります。

第二に、「支払いの一時停止」「取り立て行為の規制」です。本人手続きの場合は、裁判所に申立書が受理された時点で、弁護士や司法書士に依頼した場合は依頼した時点で、債務の支払いが一時停止され、借金を返済する必要は無くなります。それに伴い、取り立てが規制され、債権者(貸金業者など)からの督促の電話などがなくなります。

第三に、「強制執行の失効」があげられます。自己破産の申立をすると、給与などに対する差し押さえなどはされなくなります。また、すでに差し押さえがされていた場合は失効されます。

さらに、自己破産の開始決定後に得た収入や財産は、自由に使うことができる、一定の財産は自己破産でも守られる、といったメリットもあります。

自己破産のデメリット

自己破産のデメリットは、第一に、財産を失うことです。破産手続開始の時にもっていた財産は破産管財人の手に移ります。原則的に、20万円以上の財産を所有している場合、それらはお金に換えて債権者に分配されます。また、他の財産を含め、総額99万円以下であれば、財産を残すことができます。

第2に、自由が制限されます。裁判所の許可を得ないと転居や長期旅行をすることができません。また、郵便物なども全て破産管財人に配達されます。 しかし、この制限は、管財事件の場合だけです。同時廃止の場合は関係ありません。 通常であればほとんど関係ないと言っていいでしょう。

第3に資格が制限されます。破産者は弁護士、 公認会計士、 税理士、弁理士、 公証人、 司法書士、 宅地建物取引業者、 証券会社外交員、 質屋、風俗営業者、 古物商、 生命保険募集員、 損害保険代理店、警備員、 建設業者、後見人などの仕事に就くことはできなくなります。もちろん、免責確定までの間で、永久的に資格が制限されるわけではありません。

第4に本籍地の市町村役場の破産者名簿に記載されます。基本的に一般の方が見ることはできません。

第5に、個人信用情報機関に破産の情報が載ります。この情報は7年〜10年は残りますので、その期間は金融機関からの借り入れやクレジットカードの所有はできなくなります。