キャッシングの申し込みの際に確認されること

審査の際には、申込書に記入した内容に関して、必ずキャッシング会社が確認作業をします。

キャッシング 審査で比較

キャッシング 審査で比較 > 基本的な知識について >申込書の確認

キャッシング会社による申込書の確認作業

キャッシング会社の審査の際、申込書に記入した項目や本人確認の書類について確認が取られます。一般的に「裏取り」といわれます。新規の申込者などでここがネックになる場合も多く、キャッシングの審査で最初の「ふるい落とし」段階といえます。以下、注意しなければいけない点をみていきます。

現住所は本人確認書類と同じ住所を

申込書に記入する住所は、本人確認書類に記された住所と同じでなければいけません。住所として記入した場所に日常的に住んでいなかったり、引っ越した直後で住所変更をしていなかったりという場合、審査は通りません。キャッシングカードなどは本人限定郵便で届きますので、必ず本人確認書類の住所と同じ場所に住んでいる必要があります。

電話は通じる状態にする

申込書に記入された電話番号が自宅の固定電話でも携帯電話でも、実際にその番号に電話をかけて確認することは多いです。この場合(特に固定電話の場合)、必ずしもその電話に出る必要はないのですが、電話料金が未納でコールすら鳴らない場合があります。また、ウソの電話番号を記入してつながらない場合もあります。それらの場合、確実に審査には通りません。キャッシングの申し込みに行く前に最低限、電話は通話可能な状態にしておいてください。

勤務先の記入

キャッシングの審査では、ほぼ100%の確率で勤務先(として記入された場所)に電話をします。一般的にいう「在籍確認」です。申込書の記入の中でもごまかす人が多い項目で、実際にごまかしがきく項目でもあります。無職の場合でも、友人に自営業者などがいれば、「架空の社員」ということでごまかすことができてしまいます。また、注意しないといけないのが派遣社員で、「出向先の会社」を自分の勤務先として書いてしまう場合が多いようです。登録している「派遣会社」が勤務先ですので、間違えないように気を付けてください。

在籍確認というのは、個人名で、キャッシング会社とはわからないように電話をかけます。勤務先に借金をしているということはわかりませんので、その点は安心してください。