身分証明書によって審査は違う

申し込みをする際に提示するのが身分証明書。何を出すかによって、審査を左右します。

キャッシング 審査で比較

キャッシング 審査で比較 > 基本的な知識について >身分証明書による有利不利

健康保険証で審査が違う?

キャッシングを新規で申し込む場合、必ず本人確認書類を提示しなければなりません。本人確認法という法律が施行されたため、現在ではキャッシングだけではなくクレジットカードの申し込みの際にも本人確認書類が必要になりました。

本人確認書類は免許証であってもパスポートであっても、さらには社員証や学生証でも何ら問題はないのですが、一つ注意しないといけない本人確認書類というものがあります。健康保険証です。

健康保険証、じつは職種によって様々な種類があります。公務員が持っている「公務員共済健康保険証」、サラリーマンが持っている「社会健康保険証」、さらには組合があるほどの大企業社員がもっている「組合健康保険証」などです。

キャッシング審査が有利になる保険証

健康保険証で、ある程度会社の規模や収入の安定度がわかってしまうため、健康保険証でキャッシングの審査が有利になったり、全く説得力がなかったり、ということが起きてきます。

最も有利になる保険証は、公務員が持っている「公務員共済健康保険証」です。当然ですが、離職率の低い、つぶれる可能性のない勤め人はそれだけ「信用」が高くなります。それに次いで有利なのが「組合健康保険証」となります。これは健康保険組合を作れるような、大企業につとめている人が持っている保険証です。以上の二つは、キャッシング審査においてはかなり有利になりますので、運転免許証やパスポートではなく健康保険証を提示した方がいいでしょう。

上記の二つに続くのがサラリーマン諸氏が持っている「社会健康保険証」ということになります。いわゆるサラリーマンが持っている保険証です。

あまり意味のない保険証

決して不利になるわけではありませんが、有利にならない保険証というものも当然ながら存在します。自営業者が持っている「国民健康保険証」は、まったくもって審査には有利にはなりません。もちろん、不利になることもありませんので、出すのは自由ですが。