明細書は大事な鏡になります。

キャッシングの明細書は借金を映し出す鏡。決してゴミにしてはいけません。

キャッシング 審査で比較

キャッシング 審査で比較 > 基本的な知識について >キャッシングの明細書

明細書をよく見てみよう

キャッシングでは、銀行での取引の時のように、通帳を使いません。もちろん、キャッシングは「借金」なので、通帳があったとしても全て赤字なので、見るのも嫌になるかもしれませんが。また、基本的にキャッシングはATMを介しておこなわれるので、帳簿的なものは必要とされません。

しかし、キャッシングはれっきとした金銭の貸借です。書面の交付無く、金銭の貸借ができるわけありません。そのため、通帳にかわって「明細書」が発行されるのです。借入の場合でも、返済の場合でも、これは必ず発行されます。

明細書でチェックすべき項目

キャッシングの明細は、各社まちまちで、表記の方法などもかなり違います。しかし、金銭貸借の取引上、利用者が必ず把握しておかなければいけない項目はどの会社でも共通です。利用者が必ずチェックしないといけない項目を見ていきましょう。

次回の返済日

キャッシングの取引で、絶対に守らないといけないのが返済日です。真面目な話、返済すべき金額を全額用意できなくても、返済日を厳守する、ということが大切なのです。返済日を守ってさえいれば、多少金額が足りなくても大きな問題にはなりません。ブラックリストにのることもありません。

キャッシング産業では、「返済日」というのは絶対なのです。返済日に遅れた分だけ損害金がかかるとかそういった問題もあるのですが、一番の理由は、全てのキャッシング会社は「返済日は絶対」と前提の元で債務の事務的な処理をしているからです。返済金額というのはそれほど大きな問題ではなく、ある程度はどの会社でも柔軟に対応してくれます。

利用可能額

あといくらキャッシングの利用ができるかという部分がこの「利用可能額」です。

通常、それほど気にする必要はないのですが、何か異常な利用があったり、変更することがあったにもかかわらずそれを黙っていたりした場合、利用可能額の欄をしっかりと見る必要が出てきます。利用者に通知する会社もあるにはあるのですが、ほとんどのキャッシング会社は利用者に通知することなく利用可能額を減額します。

ほとんどの会社の会員規約には「減額されても、当社が認めた場合、元の利用限度額内で増額する」などと書かれたりしているのですが、実際の話としては、一度減額されると元に戻ることはまずありません。その点には注意が必要です。

明細書の処理

キャッシングで取引をしたときの明細書、どのように処理しているでしょうか?キャッシング会社では、ATMの横にシュレッダーなどが用意されており、すぐに処分できる様になっています。実際、ほとんどの利用者は明細書を保管することもなくゴミ箱に捨てています。それ自体、決して悪いことでも何でもなく、普通のことなのですが、しかし、もし何かあったときのことを考えると、保管しておいた方が賢明なのです。

債務整理の場合

あまり考えたくはないことなのですが、もし何らかの理由で債務整理をしなければならなくなった場合、「債務一覧表」をつくらないといけなくなります。一言で言うと借金の家計簿のようなものなのですが、これは、キャッシングの利用の開始の時にさかのぼって記入しないといけないものです。したがって、その一覧表をつくるには、今までの明細が全て必要になるのです。