重視される属性について

キャッシングの審査の際に重視される属性とされない属性、その違いについて解説します。

キャッシング 審査で比較

キャッシング 審査で比較 > 基本的な知識について >重視される属性について

重視される属性について

基本的に、「その人がどういう人か」ということがわかりやすい属性、さらには確実に裏付けができる様な属性に関しては、審査の際に非常に重視される傾向にあります。また、その収入レベルがわかるような属性も重視されます。重視される属性というのは、@年齢 A電話番号 B職種 C居住年数といった属性です。

年齢

基本的にキャッシング会社は、その中心的な利用の対象となる年齢を「20〜30歳代」とおいています。そして、その中でも「独身者」に重きを置いているのです。もちろん、実社会においては独身者よりも既婚者の方が社会的信用度があるのですが、キャッシング会社にとっては独身者の方がいい顧客なのです。一般的に、同じ年齢であっても独身者の方が使えるお金が多いと判断されるからです。また、年齢は上がれば上がるほど、基本的に審査は厳しくなります。キャッシング会社としては、「ある程度の年齢になっているのに貯金も全くないのは怪しい」 ととらえてしまうのです。また、住宅ローンを抱えている可能性もあるので、会社としては契約や与信額の設定に慎重になるのです。

電話番号

近年、携帯電話の普及に伴って、固定電話を持たない人が増えてきました。キャッシング会社の申込書には「固定電話」「携帯電話」の両方の欄がありますので、どちらに記入しても、また両方記入してもいいのですが、審査においては「両方」記入するのが一番有利になります。ついで「固定電話のみ」、最後が「携帯電話のみ」になります。理由は単純で、「何かあったときに確実に連絡を取れる」ということです。自宅電話番号というのは現住所とつながっていて、それが「信用」になるのです。

職種

基本的に、「離職率の低い職種」というのは、審査に有利になります。公務員がその代表例で、それに次いで会社勤めのサラリーマンになります。逆に、不利な職種としては「不安定な職種」ということになります。芸能人や作家、水商売関係、日雇い労働者、自営業者・個人事業主などはどうしても安定していないために審査は厳しくなります。

居住年数

キャッシングの審査では持ち家かどうかということはもちろん重視されるのですが、それと同時に居住年数が重視されます。立派なマンションに住んでいるかどうかよりも、安いアパートであっても長く住んでいる方が審査においてはプラスになります。長く住むことによって信用が生まれるのです。