全情連の歴史とその役割

キャッシングの審査になかなか通らない、無職やブラックは無理なの?という人の為の情報サイトです。

キャッシング 審査で比較

キャッシング 審査で比較 > 5つの信用情報機関とCRIN >全情連について

全情連の歴史

1972年、日本で最初の個人信用情報機関である「レンダースエクスチェンジ」が設立されました。そしてその4年後の1976年9月に、全国に10あった情報センターを統轄するために「全国信用情報センター連合会(全情連)が設立されました。現在では全国に情報センターは33あり、それらの統轄機関として全情連があります。33の情報センターはそれぞれ独立した法人として運営されていて、貸金業者を主要な株主としています。

全情連に登録されている情報

全情連に登録されている情報は以下の通りです。

本人を特定するための情報
氏名・性別・生年月日・住所・電話番号・勤務先など
消費者ローンの借入に関する情報
貸付件数・貸付日・貸付金額・貸付残高・貸付区分・入金日・入金予定日・完済日など
消費者保護および会員の与信補足のための情報
情報内容を審査中である旨の情報、本人申告コメント、サービス情報(名義注意・旧氏名)など
照会事実に関する情報
照会状況、会員が情報センターに新規顧客の紹介をした年月日と回数
延滞の事実に関する情報【延滞】
約定返済日(入金予定日のことです)から、3ヶ月以上何も入金されていないもの。
延滞が解消された情報【延滞解消】
【延滞】登録されたもので、そのご延滞分が入金され、延滞状況が解消されたもの、またはその後完済されたもの
参考情報
債務整理・破産申立・特定調停・民事再生・保証契約弁済・カードの強制解約など。

登録情報の保有期間

全情連に登録された情報の保有期間は以下の通りです。

本人を特定するための情報
借入内容などの情報が登録されている期間中
消費者ローンの借入に関する情報
貸付中のものは登録されている期間中
完済分は、最新の完済日から5年間
消費者保護および会員の与信補足のための情報
当該の情報が調査中の期間
確認日から5年間
照会事実に関する情報
照会した当日を含め3ヶ月間
延滞
延滞継続の期間中
延滞解消
延滞解消した日から1年間
参考情報
発生日から5年間

本人開示請求について

自分の現在の信用状況(延滞の状況など)を知るために、全情連で個人の信用状況を開示することができます。

受付方法
開示窓口にて受付・閲覧による開示
受付窓口
全国33カ所の情報センター
受付時間
毎週月〜金曜日 10:00〜12:00 13:00〜16:00
対象者
情報の開示を希望する本人、またはその代理人
必要書類
運転免許証やパスポートなど、本人確認書類
費用
無料
全情連WEBサイト
http://www.fcbj.jp/

全情連への登録人数は約1743万人、照会件数は15408万件、報告件数に至っては48,319万件にも及びます。開示する人も多いので、遠慮なく開示をしてみてください。