全銀協とその役割

キャッシングの審査になかなか通らない、無職やブラックは無理なの?という人の為の情報サイトです。

キャッシング 審査で比較

キャッシング 審査で比較 > 5つの信用情報機関とCRIN >全銀協について

全銀協とは?

銀行、および銀行関連会社(銀行系のクレジットカード会社など)によって組織する任意団体です。

都市銀行・リテール 系信託銀行・地方銀行・第二地方銀行のほとんどが会員になっています。そして、その全銀協が設立・運営する個人信用情報機関が全国銀行個人信用情報センターです。各地区の銀行協会で運営されていた個人信用情報センターを全銀協の情報センターとして一本化したものです。

全銀協の登録情報

全銀協に登録されている情報は以下の通りです。

本人特定情報
氏名・性別・生年月日・郵便番号・住所・電話番号・勤務先など
契約内容情報
取引種類・貸出形式区分・使途区分・担保有無・金額・最終返済日・残債額・完済・返済履歴など
事故情報
延滞・延滞解消・代位弁済・代位弁済後完済・強制回収・強制解約・第1回目不渡・取引停止処分・保証履行・強制退会など
照会・申告情報
照会記録・申告情報など

登録情報の保有期間

全銀協に登録された情報の保有期間は以下の通りです。

契約内容情報
契約期間中および契約終了日から5年間
クレジットカードでの「キャッシング」「リボルビング」については、最終利用額確定日から1年間
事故情報
事故発生日から5年間
第一回目不渡・・不渡発生日から6ヶ月間
取引停止処分・・取引停止処分日から5年間
照会・申告情報
照会記録・・照会日から1年間。会員への開示から3ヶ月間。
申告情報・・情報申告(または発生)の日から5年間

本人開示請求について

自分の現在の信用状況(延滞の状況など)を知るために、全銀協では個人の信用状況を開示することができます。

受付窓口
郵送、または全国10カ所の本人開示窓口
対象者
情報の開示を希望する本人、またはその代理人
必要書類
運転免許証やパスポートなど、本人確認書類
費用
郵送:1,000円 窓口開示:500円
全銀協WEBサイト
http://www.zenginkyo.or.jp/personal_credit/index.html