テラネットとその役割

キャッシングの審査になかなか通らない、無職やブラックだから難しいの?という人の為の情報サイトです。

キャッシング 審査で比較

キャッシング 審査で比較 > 5つの信用情報機関とCRIN >テラネットについて

テラネット設立の経緯

元々、CRIN上で異動情報(事故情報)だけではなく、ホワイト情報(貸付内容や残高の情報)も交流するべきという考え方がありました。多重債務などの過剰貸付など、消費者金融に関する社会的な問題が新聞等で大きく取り上げられる中、その信用情報機関として何をすべきかを具体的に示す必要がありました。

しかし、CRIN上で交流している3つの情報機関で情報の登録の頻度や全登録義務の有無など、情報自体の質が一定ではなかったのです。信用情報が同等の条件でない状態でホワイト情報を交流するということは「交流」ではなく、「流出」になってしまいます。そういった理由でCRIN上でのホワイト情報を交流することはできなかったのです。そのため、第三の機関を新設して、ホワイト情報も含めた信用情報の提供を実現させようということで、1999年にテラネットは設立されました。

テラネットは全情連に加盟している、33の情報センター各社が共同出資して設立した法人の組織です。会員は各クレジットカード会社のほか、無担保ローン会社やリース会社など150社が会員となっています。全情連とテラネットでは情報の交流がおこなわれていて、全情連会員はテラネット情報を、テラネット会員は全情連情報を利用、照会することができます。(ブラック情報は交流されません。)

テラネットの登録情報

テラネットに登録されている情報は以下の通りです。

個人を特定する情報
氏名・性別・生年月日・郵便番号・住所・電話番号・勤務先など
取引形態の情報
クレジットカード利用、個品割賦など
貸付残高ありに関する情報
貸付残高の有無に関する情報
※貸付残高の有無に関する情報のみで、残高がいくらかといった情報は交流されません。
破産申立等の情報
破産を申立した情報

登録情報の保有期間

テラネットに登録された情報の保有期間は以下の通りです。

個人を特定する情報
契約期間中および完済日から5年を超えない期間
事故情報
事故発生日から5年を超えない期間
申込情報
照会日から6ヶ月を超えない期間

本人開示請求について

受付方法
郵送による開示または窓口にて受付・閲覧による開示
受付窓口
全国33カ所の情報センター
受付時間
毎週月〜金曜日 10:00〜12:00 13:00〜16:00
対象者
情報の開示を希望する本人、またはその代理人
必要書類
運転免許証やパスポートなど、本人確認書類
費用
無料(郵送の場合は返信用切手600円分が必要です。)
テラネットWEBサイト
http://www.teranet-corp.co.jp/