CRINとその基礎知識

信用情報機関は業態別に分かれていても、ブラック情報は共有化しています。

キャッシング 審査で比較

キャッシング 審査で比較 > 5つの信用情報機関とCRIN >CRINについて

CRINとは何か?

信用情報機関は業態別に分かれていますが、やはり、事故情報などのブラック情報は知らないわけにはいきません。そのため、各情報機関ではブラック情報に限り情報を共有化しています。そのシステムのことを「CRIN」といいます。それぞれの情報機関の中で延滞や自己破産等の「悪いこと」をした場合、その人を区別するのは簡単なことです。しかし、他の情報機関とは連携がなかったために、そこで何らかの「悪いこと」をしてもその利用者を区別することができない状態でした。そこで、「全情連」と「CIC」、「KSC」の3つの機関がお互いに「悪いこと」をした利用者に限ってその情報を共有化し始めたのが、今日のCRINの始まりです。

キャッシング業界では、基本的にたったの1回であっても「致命的に悪いこと」をしてしまうと、徹底的に排除されます。それ自体がいいことなのか悪いことなのかは議論が分かれるところですが、そのことがキャッシング業界を安定的にしていることは間違いありません。また、簡単に「悪いこと」をした利用者を許してしまうと、そのこと自体が真面目に利用している人にも悪い影響を与えてしまうことがあると業界としては考えているのです。

CRINによって3つの機関を交流する情報、これがいわゆる「ブラックリスト」と呼ばれるものです。もちろんブラックリストというのは俗称であり、正式には「事故情報」「異動情報」といいます。キャッシング会社は審査をする際、加盟する信用情報機関で利用履歴や限度額などの「ホワイト情報」を参照し、CRINで「ブラック情報」を参照します。ホワイト情報とブラック情報は一括で照会され、新規申し込み者の情報を両面からチェックします。これで正確な信用情報を得られるわけです。

CRINにも盲点はある

CRINにも盲点というべきものがあります。最も大きな盲点は、ブラック情報が統一されていないことです。CICと全情連、KSCでは延滞などの基準が違うのですが、CRINに流される情報は3機関で統一されていません。それぞれの信用情報機関の基準で決められた情報が流されているのです。

もう一つの大きな盲点は、各情報機関ともブラック情報の一部しかCRINに流さないことです。事故情報を全てCRINで流しているわけではないのです。例えば、全情連では任意整理は事故情報に当たりますが、それはCRINには流しません。つまり、全情連加盟のキャッシング会社で任意整理をしたとしても、CICやKSCに加盟する会社にとっては全く知るよしもないということなのです。

ちなみに全情連での「延滞」の情報はCRINで流されます。任意整理よりも延滞を重視するというのは、どう考えてもおかしいことなのですが、それが今のCRINの現状なのです。