キャッシングの審査に通らない方へ

なかなか審査に通らない、無職やブラックで困った、という方の為の情報サイトです

キャッシング 審査で比較

キャッシング 審査で比較

キャッシングを審査の観点で比較

一言で「キャッシング」といっても、銀行系や独立系、大手から零細まで様々です。当然その中には審査が甘い会社、厳しい会社というのがあります。

当サイトでは甘い会社を紹介するのはもちろん、審査はどのようにおこなわれるのか、通りやすくするにはどうすればいいのか、個人信用情報機関についての解説など、その傾向や対策、必要な情報などを提供しています。それぞれの属性や借入の状況、そして目的に合わせて最適な会社を選ぶことができます。

審査の甘いキャッシング会社

借入件数としては3社がめどになります。まだ借入件数が3社以内で、金額も年収の3分の1の範囲内であれば、銀行系でも(プロミスとアットローン以外なら)通る可能性は高いです。銀行系の方が金利は低めなので、利用できるのならそちらを使った方がいいです。借入件数が4社以上の方は銀行系は無理です。下に借り入れしやすい会社を紹介しますので、そちらから申し込んでください。

落ちると個人の信用記録が汚れる

キャッシング会社には闇雲に申し込めばいいというものではありません。通るはずのない会社で申し込みをし、審査が通らなかった場合、その情報は個人信用情報機関に登録されます。登録される期間は全情連で3ヶ月、それ以外の信用機関では6ヶ月です。ほとんどのキャッシング会社は全情連の会社になっていますので、通らなかった場合は3ヶ月間、個人信用情報機関の記録が汚れます。汚れる=借りられなくなる、というわけではないですが、借りにくくなるのは間違いありません。

銀行系は近年は厳しい

2010年6月、改正貸金業法が完全施行されました。これに伴い、利息の上限金利は利息制限法の上限金利である、10万円未満で20%、10万円〜100万円未満で18%、100万円以上で15%に引き下げられました。俗に言う、グレーゾーンの廃止です。

さらに、総量規制が導入されました。年収の3分の1を超える貸し付けを禁止するというものです。グレーゾーンの撤廃と総量規制の導入により、キャッシングの審査、特に銀行系のキャッシングではかなり厳しくなってきています。また、以前は借りる側だけの責任だったのが、貸す側にも責任が発生することになり、当然、以前よりも慎重になってきています。銀行系の中でもアットローンやプロミスは他社借入が多いと、審査に通ることはまず無いと思ってください。

審査の甘いキャッシング

利息について

お金を借りれば、当然元金の返済と利息を支払わなければなりません。「実質年率」で表されているのが年間の金利で、それが借りた日数分元金にかけられます。しかし、各会社はそれぞれの経営戦略があるため、実質年率は各社横並びではありません。つまり、利息がお得な会社とそうでない会社があるわけです。ぜひ、当サイトでお得な会社を選んでください。

ちなみに、利息は「日割り」計算されるため、借りた当日に返せば利息はかかりません。

低金利キャッシング

ご利用は計画的に

お金は借りれば必ず金利がかかります。元金の返済はもちろん、それとともに利息を支払わなければならないことを必ず心に留めておいてください。利用する際は、必ず返済計画を立ててから利用してください。

キャッシングは便利ですが、使い方によっては、それが人生に大きな悪影響を与えてしまうこともあることを、決して忘れないでください。